両国エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 両国校】へお任せ下さい!

menu

両国エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾の|英才個別学院 両国校へ

両国の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 両国校】【適した睡眠時間】

両国の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 両国校】

こんにちは!室長の岩本です!!

皆さんは寝ることは好きですか?
私は大好きです(笑)
1日中暖かい布団にくるまっていたいと思うものです。

 

「睡眠 イラスト」の画像検索結果

 

さて、人は睡眠中に記憶の整理をすると言われています。
また、集中力や意欲を維持するのにも睡眠は重要です。
では、実際どれくらい眠れば集中して勉強ができるでしょうか。
今回は、勉強と睡眠時間の関係についてお話します。

睡眠は脳の前頭葉に影響するといわれています。
前頭葉は物事の判断や欲求、記憶などに関係する場所です。
記憶を引き出すのも前頭葉の役目です。
ですから、寝不足になると、頭の働きが低下して、勉強の効率が落ちてしまいます。
文部科学省の調査では、「規則正しい就寝、規則正しい起床」や
「夜10時より前に寝る習慣がある」と答えたお子さんほど、学力が高い傾向がありました。

それでは、中学生くらいだと、どのくらい睡眠をとれば良いと思いますか?
個人差もありますが、文部科学省の調査から総合的に判断すると、
8時間以上の睡眠が必要そうです。
成長期のお子さんにとって睡眠は大切なものです。
時間的な「量」だけでなく、眠りの「質」を満たすことも意識して下さい。

 

最近では、子供の睡眠障害も話題に挙がっています。
「朝どうしても起きられない」「学校に行きたいのに体が動かず、布団から出られない」
「夜早く寝ようと思っても、遅くまで眠れない」などの訴えを起こしても、
世の中の理解がそこまであるわけでもまだ無いので、
もしかしたら怠けているだけと扱われてしまう場合もあります。

ですが、睡眠障害は二次的な障害も大きな問題にもなっています。
「遅刻ばかりで周りから冷たい目で見られてつらい」
「勉強にも身が入らない」「イライラして暴力的になる」など、
睡眠障害が原因で仲間外れにされたり、
不登校になってしまうお子さんも多いそうです。

睡眠障害の背景には、慢性的な睡眠不足があるとも言われています。
勉強や部活動を優先して睡眠を削っていった結果、睡眠リズムが乱れてしまって、
「起きよう」と思っても自分ではコントロールができない状態になるそうです。

 

睡眠は人間にとってとっても大事なことです。
睡眠がとれていないことで、自律神経のバランスが崩れ、
うつ病を併発するお子さんもいるそうですよ。
真面目に頑張るお子さんや、完璧主義のお子さんの場合は、
保護者の方が生活リズムを気にしてあげるようにして下さい。

*****英才個別学院 両国校 概要*****

【住所】 東京都墨田区亀沢1-8-1 早川ビル3階 ※早川歯科さんの3階です。

【TEL】 03-5637-9977

【受付時間】 14時00分~21時00分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】
①当教室ホームページよりお問い合わせくださいhttp://eisai-ryogoku.com

②当教室までお電話ください   045-961-7722(14:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 両国校 フェイスブック
英才個別学院 両国校 ツイッター
英才個別学院 両国校 YouTube チャンネル
英才個別学院 両国校 Google+